toppicture

2008年7月27日

餅まき

もちまき.jpg
近くに道の駅「淡河」があります。神戸市唯一の道の駅と言う事で行政も力を入れられており、またJAさんや地元の農家さんも非常に熱心で、土日には新鮮な地元産の野菜を求めて多くの方で賑わっています。地域のご婦人方を中心に淡河産の蕎麦粉をつかっての蕎麦処も営業されておりなかなかの人気です。その「道の駅・淡河」が5周年を迎え記念式典等のイベントをされており、私共では「餅撒き」の小餅をご用意させていただきました。私自身の子供時代には、家の新築の際の棟上げ時や子供の相撲大会等で再々「餅撒き」が行われており、懐かしく思いました。

 

2008年7月20日

新鉄砲ゆり 2

P7200220.JPG
本日は猛暑日となりましたが、三連休の中日、そして大安と言う事でお中元などの進物品を多数のお客様にお買い上げいただきました。ありがとうございました。この新鉄砲ゆりは昨日いただいてきたもので、先般の開花した様子も素晴らしいですが、開花前のこの凛とした姿も大好きです。素人撮影の画像ですので、是非1度、実物の新鉄砲ゆりを間近にご覧いただきたいです。

2008年7月17日

新鉄砲ゆり

P7170221.JPG
淡河は今、百合の出荷の最盛期を迎えています。私は百合の中でもこの淡河の「新鉄砲ゆり」が大好きです。私自身、『凛とした』という表現は、まさにこの花の為にあるような言葉だと思っています。8月の中旬くらいまでは店内に飾らせてもらう予定です。お店に来られた際にはぜひご覧になってください。猛暑で体がだるく疲れを感じる今日この頃、この新鉄砲ゆりを見ると、なんか背筋が伸びる様な気がしますよ。(^?^)

2008年7月14日

梅雨明け?

bbb.jpg
暑いですねー。梅雨明けはまだのようですが、週末は真夏日でした。店内の飾りを蛙から朝顔に変えたこの日、お饅頭よりも水大福の方が好評でした。

2008年7月11日

悲しい報せ…

悲しい報せを聞きました。当店のお客様の87歳の御祖父様が今年の冬お亡くなりになりました。東灘から御祖母様と車でよくご来店いただいており、いつも御祖父様が先に店に入られお饅頭を2個注文され休憩スペースでお茶を入れ御祖母様を待っておられました。仲睦まじい姿を見せて頂く度、ほんとに温かい気持ちにさせて頂いていました。先日御祖母様がご来店になり御祖父様がお亡くなりになられた事をお聞きしました。一度ブログにも登場して頂きたいなと思っていた矢先でした。もう、ご夫婦お揃いでのお姿を拝見できないかと思うと悲しく残念でなりません。

長年にわたり、ご愛顧を賜り本当にありがとうございました。心よりご冥福をお祈り致します。

2008年7月10日

菓子博打ち上げ

200807082054000.jpg
先日、先般の姫路で開催された第25回全国菓子博覧会・兵庫の神戸地区での打ち上げパーティーがあり、すこーしだけですがお手伝いをさせていただいたという事で参加してきました。県知事をはじめ、実行委員会のお歴々ももちろん来られており、皆様、終始充実感溢れる笑顔で、あらためて姫路菓子博の成功を実感する事ができました。地元での菓子博はおそらく、一生に1回の事だと思いますので、貴重な体験をさせていただいたように思っています。

2008年7月 8日

宣徳

P7080216.JPG
これは祖父の時代からある火鉢で、宣徳と云うそうです。祖父は骨董品を好んだようで、蔵には昔からのいろいろな道具が眠っています。恐る恐る探索(?)に入ると珍しいものに出会います。この火鉢は陶器ではなく錫でできており、冬には炭を入れますが、今はガラスを置き店舗の休憩スペースに置いています。蔵にいる時よりもお客様に見ていただいて、「火鉢…、なつかしいねぇ」と声をかけていただくこの場所にある方が輝いて見えます。

2008年7月 5日

水羊羹

P7050224.JPG
梅雨明け真近といった感じの暑い日が続いてます。高校野球の地方大会も始まり、また今年は梅雨明けも早そうな感じで盛夏を実感しますね。夏の定番商品という事で「水羊羹」、本日より販売させていただきます。適度な甘さを保ちつつ、さっぱりのど越しよくお召し上がりいただけるようおつくりしております。

2008年7月 4日

小暑

P7040216.JPG
昨晩は大雨、そして今日はほんとに暑い日となりました。7月7日は小暑です。暦の上ではこの日から暑気に入り梅雨が明け始めるそうです。またこの日は七夕です、小学生の頃は短冊に願い事をかいて笹に飾った記憶があります。今年も暑気払いのため風鈴を入口に用意しました。

2008年7月 1日

暑中お見舞い申し上げます

P7010213.JPG
梅雨の晴れ間、さわやかな日ですね。本日から当店も16年ぶりにお饅頭などの値上げをさせていただいています。一番の気がかりは何といってもお客様の反応です。「値上げ?、しょうがないな~」というお言葉をいただきほんとに心苦しい思いが致します。物価高の折、誠に申し訳ございませんが、ご理解賜ります様よろしくお願い申し上げます。